【FNTC】TNTの評価レビュー!「TNT R」と「TNT C」の比較も徹底解説!

「FNTC TNTシリーズの評判を知りたい」
「TNT R と TNT C の2種類があるけど何が違うの?」

グラトリ向けのスノーボードとして定番のFNTC TNTシリーズ!今シーズンこそ入手したいという方も多いはず。

この記事では、FNTCのTNTシリーズを愛用しているスノーボーダーが監修のもと、TNTシリーズの評判や実際に使っている感想をご紹介します。

記事の内容

【FNTC】TNT R・TNT C の評価レビュー

FNTCのTNTシリーズには「TNT R」と「TNT C」の2種類があるため、まずはここを解説します。

名前は似ていますが、形状や得意なスタイルが異なるため、それぞれの違いを押さえておきましょう。どちらもグラトリのために開発されており、グラトリがやりやすいのは間違いありません!

「TNT R」と「TNT C」の違いは?

ざっくりまとめると、TNT R と TNT Cには以下の違いがあり、グラトリを始めたばかりの初心者にはTNT Rを、グラトリ中級者でオールラウンドに楽しみたい方にはTNT Cがおすすめです。

TNT R
TNT C
  • グラトリ初心者に特におすすめ
  • 上達を目指しやすいエントリーモデル
  • プレス系(乗り系)のトリックがやりやすい
  • TNT Rよりはグラトリ中級者向け
  • グラトリだけでなく様々なスタイルで遊べる
  • 高回転系トリックがやりやすい

グラトリ初心者におすすめなのが「TNT R」

FNTC TNT R
形状
ダブルキャンバー
シェイプ
ツインチップ
フレックス
SOFT 1345678910 HARD  
ボードサイズ (cm)
139, 143, 147, 150, 153, 157
メーカー希望小売価格
57,000 (税抜)
対象者
初心者~中級者向け
開発会社
ウインクレル会社会社
>> FNTCの公式カタログ

TNT Rの適性スタイル

弾き系乗り系
軽さカービング
キッカーパウダー

◎:かなり適している
〇:適している
△:適してはいない
※適性スタイルは目安となるため、あくまで参考となります。

「TNT R」の最大の特徴は、形状がダブルキャンバーであること。

ダブルキャンバーのメリットは、グラトリの基本となるプレス系(乗り系)のトリックがやりやすいことです。

※「プレス系のトリックってなに?」という方は、以下をご参照ください。(ボードの片側を浮かせて滑るトリックのこと)

ダブルキャンバーとは?

ダブルキャンバー形状
出典:FNTC

以下を見ると、わかりやすいのですが、スノーボードの中心を支点に回っているのが分かるかと思います。この形状がプレスのやりやすさに繋がっています。

FNTC TNT-R (ダブルキャンバー)の動き
TNT R (ダブルキャンバー)の動き

乗り心地としては、ロッカー形状と近いため両端を浮かせやすい。プレス系(乗り系)やドライブ系のトリックが、特にやりやすくなっています。

グラトリは、全ての技においてプレスが基礎となっているため、初心者の方がグラトリの基礎を身に付けるのに最適なのがTNT Rです。

TNT Rがおすすめな人

  • 「グラトリをこれから始めたい」
  • 「グラトリを練習しているけど、いまいちコツを掴めない」

このような方であれば、グラトリの基礎となるプレスを覚えるのおすすめ!

ぜひ、TNT Rを使ってプレスからマスターしてみましょう!グラトリが爆速成長すること間違いなしですよ。

近年はTNTシリーズの人気が増しており、定番サイズ(147cm、150cm、153cm)はすぐに売り切れてしまうので、早めに購入するのがおすすめです!

\ 人気サイズが無くなる前に! /

ちなみに、昨シーズンの型落ちモデルであれば、在庫限りで割り引きセールをやっています!

通常、定価5万円台のところを「3万円台」から購入可能であるため、自分の身長に合うサイズがあれば、ぜひ狙っていきましょう!

\ 在庫限り!定価から20,000円 OFF! /

様々なスタイルで遊べるのが「TNT C」

FNTC TNT C
形状
ハイブリッドキャンバー
シェイプ
ツインチップ
フレックス
SOFT 1345678910 HARD  
ボードサイズ (cm)
139, 143, 147, 150, 153, 157
メーカー希望小売価格
57,000 (税抜)
対象者
初心者~中級者向け
開発会社
ウインクレル会社会社
>> FNTCの公式カタログ

TNT Cの適性スタイル

弾き系乗り系
軽さカービング
キッカーパウダー

◎:かなり適している
〇:適している
△:適してはいない
※適性スタイルは目安となるため、あくまで参考となります。

「TNT-C」は、2020-2021年シーズンから新しく誕生したキャンバーをベースにしたモデルになります。

ダブルキャンバーが苦手とする「弾き系の高さ」や「キッカーの安定さ」を、補完するようなモデルになっています。

板の反発力もTNT Rより強いことから、オーリーやノーリーの高さが出しやすくなっています。

TNT Cがおすすめな人

  • 「グラトリもやりたいけど、キッカーやフリーランもやりたい」
  • 「720などの高回転トリックを派手にやりたい」

このような方であれば、グラトリだけではなく、様々なスタイルで遊べるTNT Cがおすすめ!

ノーリー720のような高回転トリックもやりやすいので、ぜひTNT Cを使ってみましょう!

近年はTNTシリーズの人気が増しており、定番サイズ(147cm、150cm、153cm)はすぐに売り切れてしまうので、早めに購入するのがおすすめです!

\ 人気サイズが無くなる前に! /

ちなみに、昨シーズンの型落ちモデルであれば、在庫限りで割り引きセールをやっています!

通常、定価5万円台のところを「3万円台」から購入可能であるため、自分の身長に合うサイズがあれば、ぜひ狙っていきましょう!

\ 在庫限り!20,000円 OFF! /

【FNTC】TNT R・TNT C はコストパフォーマンスも最高!

FNTCのTNTシリーズは、コストパフォーマンス的にもおすすめです。

グラトリ向けのスノーボードで有名な「011 artistic」「NOVEMVER」などは定価で9万円ほど。それに対して、FNTCのTNTシリーズは定価でも5万台から購入可能です。

\ グラトリ初心者におすすめなTNT R /

¥56,430 (2022/12/05 17:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

\ オールラウンドに遊べるTNT C /

¥56,430 (2022/12/05 17:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

安価であるため、ソール性能(滑走面の滑りやすさなど)が劣るという点はありますが、グラトリをするための性能(反発、フレックスなど)はむしろFNTC TNTの方が高いと思うくらいです。

まずはコスパの良いFNTC TNTから練習を始めて、グラトリがしっかりできるようになってから高いモデルを検討するのが良いでしょう。

【FNTC】TNT シリーズの上位互換モデル「CAT」「SOT」

ちなみに、FNTCには「TNT R」「TNT C」の上位互換となるモデルもリリースされています。TNT Rの上位互換モデルが「CAT」、TNT Cの上位互換モデルが「SOT」となっています。

TNTを検討する際は一緒に見ておくと良いでしょう。

TNT R の上位互換モデル = 「CAT」

FNTC CAT

どちらも形状がダブルキャンバーとなっており、グラトリに最適化されたモデルです。グラトリをメインとして遊びたいなら、この2つから選ぶと良いでしょう。

上位互換モデルであるCATのほうが、「ソールの滑走性能が高い」「より軽量化されている」「反発力が強化されている」といった特徴があります。

お金に余裕があるのであれば、更に性能が向上しているCATもおすすめです!

TNT Cの上位互換モデル =「SOT」

FNTC SOT

どちらも形状がハイブリッドキャンバーとなっており、グラトリをメインとしつつもオールラウンダーに遊べるよう設計されたモデルです。グラトリ以外も楽しみたいなら、この2つから選ぶと良いでしょう。

上位互換モデルであるSOTのほうが、「ソールの滑走性能が高い」「より軽量化されている」「反発力が強化されている」といった特徴があります。

スノーボードの中級者以上が、フリーランやキッカーなども楽しみたいのであればSOTもおすすめです!

【FNTC】TNT R・TNT C に合わせるビンディング

ここでは、「TNT R」と「TNT C」でグラトリをやるのに最適なビンディングをご紹介します。どれもグラトリ向きであるため、ぜひ参考にしてみてください。

【UNION】FLITE PRO

¥28,600 (2022/12/04 21:30時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

FLITE PROは、ここで紹介するビンディングで最軽量となっています。グラトリ用に軽いビンディングを探している方であればこれ一択でしょう!フレックスが柔らかいためプレス系のトリックに向いています。

【DRAKE】KING

¥25,740 (2022/12/04 21:33時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

DRAKE KINGもグラトリにおすすめ!軽量でバランスの取れたビンディングとなっています。スノーボードの耐久性を上げる設計になっており、板折れを軽減してくれるところもポイント。

【FLUX】EM

¥30,800 (2022/12/04 21:37時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

FLUX EMは、力を板にしっかりと伝えてくれるところがポイント!ノーリーなどの弾き系、特に高回転トリックを仕掛けるのに向いています。

【FNTC】TNT R・TNT C を使ったグラトリ

実際に、FNTCのTNTシリーズを使っているグラトリの動画をご紹介しておきます。

TNTシリーズを使って練習すれば、あなたもグラトリマスターになれるかも!?

BS360コンパス

オーウェン

FSコンパス360

【まとめ】TNT R と TNT C は自分に合う方を選ぼう!

以上、FNTCのTNTシリーズのご紹介でした。

「TNT R」「TNT C」のどちらもグラトリにおすすめなのは間違いありませんが、この2つにはコンセプトの違いがあります。グラトリを始めたばかりの初心者にはTNT Rを、グラトリ中級者でオールラウンドに楽しみたい方にはTNT Cがおすすめです。

さいごに、「TNT R」と「TNT C」の違いをもう一度まとめておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

TNT R
TNT C
  • グラトリ初心者に特におすすめ
  • 上達を目指しやすいエントリーモデル
  • プレス系(乗り系)のトリックがやりやすい
  • TNT Rよりはグラトリ中級者向け
  • グラトリだけでなく様々なスタイルで遊べる
  • 高回転系トリックがやりやすい

\ グラトリ初心者におすすめなTNT R /

¥56,430 (2022/12/05 17:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

\ オールラウンドに遊べるTNT C /

¥56,430 (2022/12/05 17:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

FNTCのTNTシリーズ以外にも、スノーボードのレビューを行っているので、気になる方はぜひ以下もご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事の内容