FNTC TNTの評価レビュー!グラトリが爆速に上達します!

「FNTC TNTの評価はどんな感じ?」
「グラトリはやりやすいの?」

このような疑問に答えます!

結論からいうと、本記事の筆者である僕は、FNTC TNTを使ってから爆速でグラトリが成長しました!これからグラトリを始める人には、全力でオススメしたいスノーボードです。

この記事でわかること
  • FNTC TNTの評価レビュー
  • FNTC TNTのコストパフォーマンス
  • FNTC TNTの「R」と「C」の違い
  • FNTC TNTを実際に使ったグラトリ

ちなみに、FNTC TNTを使ったトリックはこんな感じ。めちゃくちゃカッコいい!

この記事では、そんなFNTC TNTについて、2年間使い込んだ評価をレビューをしていきます。

記事の内容

FNTC TNTの評価・レビュー

FNTC TNT 2019-2020モデル
FNTC TNT 2019-2020モデル

僕が使っているのは、2シーズン前(2019-2020)のダブルキャンバー形状のモデルです。このモデルをベースにレビューしていきます!

ちなみに、いまでは「TNT-R」と「TNT-C」の2種類が発売されていますが、ダブルキャンバーモデルの「TNT-R」が今回レビューするスノーボードに該当します。

もう一方の「TNT-C」はハイブリッドキャンバーモデルとなり、同じFNTC TNTでも2種類あることは覚えておきましょう。

基本は「TNT-R」のレビューになります!
もちろん「TNT-C」も使っているので、それぞれの違いも紹介しますね。

>> FNTC TNTの公式カタログを見たい方はこちら

1.グラトリの基礎トリック「プレス」の習得が簡単にできる!

FNTC TNTは、グラトリで最初に覚えるべきトリック「プレス」の習得が簡単!

※「プレスってなに?」という方は、以下をご参照ください。(ボードの片側を浮かせて滑るトリックのこと)

なぜ、プレスが簡単にできるのか?ポイントはボードの形状が「ダブルキャンバー」であること。ダブルキャンバーは以下のような形状をしています。

ダブルキャンバー形状
出典:FNTC

乗り心地としては「ロッカー形状」のスノーボードに近くなっており、両端を浮かせやすい形状になっています。

例えると、 スノーボードの中心を支点としてシーソーのようになっており、テール側に体重を寄せるだけでノーズ側が浮き上がってきます。つまり、プレスの姿勢を維持するのが簡単になるのです!

言葉では伝わり切らないと思うので以下をご参照ください。スノーボードの中心を支点に回っているのが分かるかと思います。この形状がプレスのやりやすさに繋がっています。

FNTC TNT-R (ダブルキャンバー)の動き
FNTC TNT-R (ダブルキャンバー)の動き

全くプレスができなかった僕でも、FNTC TNTを使ってからは1シーズンでプレスを習得できました!

2.ボードの反発が使いやすく「オーリー」「ノーリー」が簡単にできる!

続いて、FNTC TNTはグラトリの基礎となる「オーリー」「ノーリー」がやりやすい!

ポイントはボード自体のフレックスが柔らかいこと
反発力を生むための「板のしなり」を簡単に作ることができます!

ちょっと体重を寄せるだけで、以下のように ”しなり” を簡単に作ってオーリーができます。

FNTC TNT-R(ダブルキャンバー)でオーリー
FNTC TNT-R(ダブルキャンバー)でオーリー

ただし、フレックスが柔らかいため、「オーリー」「ノーリー」が既にしっかりとできている人であれば、反発力が少し物足りないかも。

とはいえ、初心者の人がやるには充分な反発力なので、やはり初心者の人にはオススメ!

FNTC TNTはコストパフォーマンスも最高!

FNTC TNTシリーズは、コストパフォーマンスも最高です。

グラトリ向けのスノーボードで有名な「011 artistic」「NOVEMVER」などは定価で9万円ほど。それに対して、FNTC TNTシリーズは定価でも5万台から購入可能です。

安価であるため、ソール性能(滑走面の滑りやすさなど)が劣るという点はあります。でも、グラトリをするための性能(反発、フレックスなど)はむしろFNTC TNTの方が高いと思うくらいです。

昔に「011 artistic」を使っていましたが、僕にはFNTC TNTの方が合っていて上達が早くなりました!

まずはコスパの良いFNTC TNTから練習を始めて、グラトリがしっかりできるようになってから高いモデルを検討するのが良いでしょう。

調べたところ、本日時点(2021年12月9日)ではAmazonで買うのが最安でした!
TNT-Cが安くなっているみたいです。

Amazonで最安(2021年12月9日時点)

FNTC TNTの「R」と「C」の違い

2020-2021年シーズンのモデルから、「TNT-R」「TNT-C」と2種類のTNTがリリースされているので、2つの違いについても解説します。

以下に比較表を作成しました。これを見ればすぐに違いが判るかと思います!

FNTCの「TNT-R」と「TNT-C」の違い
「TNT-R」と「TNT-C」の違い

TNT-R

¥42,350 (2022/08/06 10:24時点 | 楽天市場調べ)

従来のTNTを継承した王道のダブルキャンバーモデルです。

グラトリ初心者であれば、僕は圧倒的に「TNTR」をオススメします!

理由は、 グラトリの基本となる乗り系(プレス)のトリックが段違いにやりやすいから。

グラトリを始める場合、「ノーリー720」や「ノーリー540」などの大技の弾き系トリックは憧れると思います。ただ、そもそも乗り系トリックが安定しないと中々メイクできません。

まずは乗り系のトリックから練習することをオススメしたいので、やはり王道の「TNT-R」が良いかなと思います!

グラトリに伸び悩んでいるのなら、とりあえず「TNT-R」でいきましょ!ダブルキャンバーは面白いです!

※もっとレビューを見たい方は、楽天市場のレビューにもTNT-Rの評価が書かれているのでご覧ください。

TNT-C

¥56,430 (2022/08/06 10:24時点 | 楽天市場調べ)

「TNT-C」は、2020-2021年シーズンから新しく誕生したキャンバーモデル。TNT-Rの良さを継承しつつもキャンバーにモデルチェンジしたものです。

グラトリもやりたいけど普通のフリーラン性能も求めたい! という人にオススメかなと思います。

「グラトリだけではなく、フリーランで遊びたい!」「地形遊びやキッカーも入りたい!」ということであれば、TNT-Cの方がオススメかもしれません。

反発力もTNT-Cの方が強いと感じるので、ノーリー720のような高回転トリックにも良いと思います。

グラトリ初心者ならTNT-R」「グラトリ中級者以上ならTNT-C」といった使い分けが良いかもです!

※もっとレビューを見たい方は、楽天市場のレビューにもTNT-Cの評価がたくさん書かれてますよ!

FNTC TNTを使ったグラトリ

ノーリー540

プレススピン360 to ノーリー180

ノーリー720

まとめ

FNTC TNTの評価まとめ

  • グラトリの基礎トリック「プレス」の習得が簡単にできる!
  • ボードの反発が使いやすく「オーリー」「ノーリー」が簡単にできる!
  • FNTC TNTはコストパフォーマンスも最高!

「TNT-R」と「TNT-C」の違い

  • TNT-Rは形状が「ダブルキャンバー」で、グラトリ初心者には圧倒的オススメ!
  • TNT-Cは形状が「キャンバー」で、グラトリ中級者以上やフリーランもやりたい人にオススメ!

グラトリを練習するには、FNT TNTが僕のオススメしたいNo.1です。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

一緒にグラトリライフを楽しみましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事の内容