【FNTC】SOTの評価レビュー!グラトリが楽しめるオールラウンダー!

「FNTC SOTの評判を知りたい」
「FNTCの他シリーズとは何が違うの?」

もはやグラトリ向けのスノーボードブランドとして定番になりつつあるFNTC!数あるラインナップのうち「SOT(エスオーティー)」が気になっている方も多いはず。

この記事では、実際にSOTを使用したことのあるスノーボーダーが監修のもと、SOTの評判や使ってみた感想をご紹介します。

記事の内容

FNTC SOTの評価レビュー

FNTC SOT
形状
ハイブリッドキャンバー (POP CAMBER)
シェイプ
ツインチップ
フレックス
SOFT 1235678910 HARD  
サイズ展開
139cm 143cm 147cm 150cm 153cm 155cm
メーカー希望小売価格
¥78,000- (税抜)
対象者
中級者~上級者向け
ブランド名
FNTC

SOTの総合評価

トータル評価
コストパフォーマンス
乗り系トリック
弾き系トリック
軽さ
柔らかさ
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
カービング
パウダー

\ FNTC SOTが気になった方へ /

筆者すのらん

SOTはグラトリ向けでありながら、グラトリ以外の遊びもできるように設計されています。オールラウンドなボードが欲しい人には本当におすすめです。

【結論】SOTはグラトリが楽しめるオールラウンダー!

SOTの特徴を一言でいうなら、「グラトリが楽しめるオールラウンダー」という位置づけになります!

その理由は、ボードの形状にあり、ハイブリッドキャンバー (可変キャンバー) という、接雪長がボードへの荷重によって変化するように設計されているため。ボード形状が自在に動くことから、さまざまなスタイルで遊べるようになっている優れものとなっています。

また、FNTCのなかでは、少しフレックスが硬くなっており、オーリーでの強い反発を兼ね備えています。グラトリをするなら、「オーリー720」「ノーリー720」「アンディ720」といった高回転トリックに最適です!

SOTがおすすめだと思う人

SOTは、どちらかというと中級者以上の方がオールラウンドに遊びたいという方におすすめ!以下が当てはまるようであれば、ぜひSOTを検討してみると良いでしょう。

  • 「オーリー360、ノーリー360くらいならメイクできる!」
  • 「グラトリ初心者はもう脱した!」
  • 「540以上の高回転トリックを目指したい!」
  • 「グラトリだけではなくフリーランやキッカーも楽しみたい!」

ちなみに、SOTは、年々人気が増しており、定番サイズ(147cm、150cm、153cm)はすぐに売り切れてしまうので、早めに購入するのがおすすめです!

\ 人気サイズが売り切れる前に! /

ちなみに、昨シーズンの型落ちモデルであれば、在庫限りで割り引きセールをやっています!

通常、定価7万円台のところを「5万円台」から購入可能であるため、自分の身長に合うサイズがあれば、ぜひ狙っていきましょう!

\ 在庫限り!定価から20,000円 OFF! /

FNTC SOTに使われているテクノロジー

FNTCの各モデルには、上位ブランドの「FANATIC」から培われてきた技術・素材が使用されています。

その技術を知ることで、SOTの特徴がより深く分かるでしょう!以下は、SOTに採用されている技術をピックアップしたものです。

【HONYCOMB TECNOLOGY(ハニカム構造)】

ハニカムは蜂の巣を形をヒントに作られた、ペーパーと空気で構成された6角形の構造です。それぞれのモデルのウッドコアに、バランスよくハニカム素材を配置することによって、あらゆる状況下で素晴らしい安定感とともに、超軽量でしなやかな乗り味を実現することに成功しました。

SL CORE】

SL Coreポプラ材とハニカムの組み合わせにより安定感と、レスポンスの良い乗り味、そして軽量化に成功したコアです。ABSで挟み込むことによって強度を高めています。

【DEGRESSIVE SIDECUT】

両先端に向けて半径を変化させているのが特徴のサイドカーブです。ハイスピード時の正確さと安定感、角付けの強弱もスムーズで最高の乗り味を演出します。

【BIAX FIBRE】

Biax Fibreは、バランスの良いフレックスとトーションで、容易なボードコントロールとリラックスしたライディングが特徴です。

【PREMIUM BASE IS 4400】

Premium Baseは滑走性能と耐久性、更にグライディング清野も持つ素材。どんなコンディションの雪でも安定したパフォーマンスを発揮し、メンテナンスも簡単。

出典:https://sports-w.com/brands/fanatic/technology/
出典:https://sports-w.com/wp-content/uploads/2021/03/FANATIC_21_22_WEB.pdf

FNTCシリーズの他モデルとの違い

引用:ムラサキスポーツ

FNTCはグラトリ向けボードのラインナップとして、「TNT R」「TNT C」「CAT」「SOT」の4種類をリリースしています。

それぞれの特徴や違いは以下の表にまとめています。どのボードを選ぶか悩まれている方はぜひ参考にしてみください。

スクロールできます

SOT

TNT C

CAT

TNT R
形状ハイブリッドキャンバーハイブリッドキャンバーダブルキャンバーダブルキャンバー
特徴オールラウンドボード。
TNT Cの上位互換モデルで、ソール性能が高く、より軽量化されちている。
オールラウンドボード。
SOTの下位互換モデルで、性能はSOTに劣るがコスパ最高。
グラトリ特化ボード。
TNT Rの上位互換モデルで、ソール性能が高く、より軽量化されている。
グラトリ特化ボード。
CATの下位互換モデルで、性能はCATに劣るがコスパ最高。
得意なスタイルグラトリを含めたオールラウンドグラトリを含めたオールラウンドグラトリ全般グラトリ全般
フレックス10段階中「3」10段階中「2」10段階中「3」10段階中「2」
定価78,000円(税抜)57,000円(税抜)78,000円(税抜)57,000円(税抜)
Amazonで詳細を見るAmazonで詳細を見るAmazonで詳細を見るAmazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る楽天市場で詳細を見る楽天市場で詳細を見る楽天市場で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見るYahoo!で詳細を見るYahoo!で詳細を見るYahoo!で詳細を見る
FNTC 各製品の比較

簡単にまとめると、「TNT R」「TNT C」は初心者向けに設計されており、価格も安くエントリーモデルになっています。

一方で、「CAT」「SOT」は中級者~上級者向けになっており、ソール性能や軽量に設計されていたりとハイエンドモデルになっています。

また、「TNT R」と「CAT」、「TNT C」と「SOT」は兄弟関係になっており、TNT Cの上位互換モデルが「SOT」という位置づけになります。

筆者すのらん

「TNT R」「TNT C」「CAT」も気になるという方は以下もご覧ください!

下位互換モデルの「TNT C」との違い

FNTC TNT C

TNT Cは SOT の下位互換モデルとしてリリースされています。どちらも形状がハイブリッドキャンバーという共通点を持っていますが、具体的には何が違うのでしょうか。そこで両者の違いについて解説します。

両者の違いを理解することで、どちらのモデルを選べば良いのかが判るでしょう!

対象レベルが異なる

SOTとTNT Cでは、明確に対象レベルが異なっています。

  • SOT:中級者~上級者向け
  • TNT C:初級者~中級者向け

SOTはFNTCシリーズのなかでは、一番反発力の強いモデルになっています。つまり、TNT Cよりも反発力が強くなっており、高回転トリックや高さが出るといったメリットがあります。

その反面、初心者にとってはボードの硬さが扱いづらさに繋がることから、グラトリ初心者には「TNT C」、グラトリ中級者以上には「SOT」がおすすめといった位置づけになります。

SOTの方が、より軽量に設計されている

どちらも「ハニカム構造」を使用することで超軽量を実現していますが、SOTの場合は、TNT Cよりもハニカム構造を使っている面積が大きくなっています。

  • SOT :ノーズとテールにもハニカム構造を使用
  • TNT C:センターのみにハニカム構造を使用

TNT Cは板のセンターにのみハニカム構造を使用しているのに対して、SOTはノーズとテールにもハニカム構造を使用しています。ノーズとテールが軽量化されたことで、板の取り回しが容易となり、高回転系トリックの回転性に向上します!

SOTの方が、ソールの滑走性能が高い

SOTは、TNT Cよりもワックスがより浸透する素材が使用されています。ソールの滑走性能が、TNT Cよりも高いため、加速しやすくなっています。加速しやすいことで、グラトリの各トリックのメイク率を向上します!

SOTの方が、価格が高めに設定されている

SOTと TNT Cの定価は以下のとおり。

  • SOT:78,000円 (税抜)
  • TNT C:57,000円 (税抜)

ここまで読むと気付いている方も多いと思います。SOTの方が細部までテクノロジーが使われているため、生産コストが高くなる分、価格が高めに設定されています。

FNTC SOT に合わせるビンディング

ここでは、SOT におすすめなビンディングをご紹介します。どれもグラトリ向きであるため、ぜひ参考にしてみてください。

【FLUX】PR

¥19,900 (2023/01/30 07:20時点 | 楽天市場調べ)

FLUX PRは、板に力が伝わりやすくターンしやすいのがポイント!オールラウンドのSOTとは相性が抜群です。カービングターンからグラトリに繋ぐラントリに最適です。

【UNION】FLITE PRO

¥28,600 (2023/01/29 22:09時点 | 楽天市場調べ)

FLITE PROは、ここで紹介するビンディングで最軽量となっています。グラトリ用に軽いビンディングを探している方であればこれ一択でしょう!フレックスが柔らかいためプレス系のトリックに向いています。

【DRAKE】KING

¥22,000 (2023/01/29 22:09時点 | 楽天市場調べ)

DRAKE KINGもグラトリにおすすめ!軽量でバランスの取れたビンディングとなっています。スノーボードの耐久性を上げる設計になっており、板折れを軽減してくれるところもポイント。

FNTC SOTを使用したライダーのトリック

SOTを使っているライダーはどのようなトリックを行っているのでしょうか。

SNS上の、SOTを使っているトリック動画をまとめてみました!

【まとめ】FNTC SOTは中級者以上のオールラウンダーにおすすめ!

以上、FNTC SOTのご紹介でした。さいごに、SOTがおすすめな人について、もう一度まとめておきます。

FNTC SOTがおすすめな人

  • 「オーリー360、ノーリー360くらいならメイクできる!」
  • 「グラトリ初心者はもう脱した!」
  • 「540以上の高回転トリックを目指したい!」
  • 「グラトリだけではなくフリーランやキッカーも楽しみたい!」

\ 人気サイズが売り切れる前に! /

¥72,930 (2023/01/30 15:32時点 | 楽天市場調べ)

\ 在庫限り!定価から20,000円 OFF! /

¥54,340 (2023/01/30 17:09時点 | 楽天市場調べ)
筆者すのらん

グラトリを楽しみながら、さまざまな遊びをしたいなら、FNTC SOTは本当におすすめです!

この記事を読んでいる人におすすめの記事

2023年版!おすすめのグラトリ板【10選】

他のグラトリ板レビュー記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事の内容