スノボ・スキーにおすすめなスプレーワックス6選!よくある疑問も解説

  • 板の滑りが悪くなってきたので、スプレーワックスを検討している
  • スプレーワックスはどのように使ったら良いの?
  • とりあえず、スプレーワックスのおすすめを教えてほしい

スノボ・スキー板の滑りが悪くなってきたら、それはメンテナンス不足の証拠…。

そんなときは、お手軽に使えるスプレーワックスを使うと、板が滑るようになるのでおすすめです!

この記事では、数あるスプレーワックスのなかでも、特におすすめなスプレーワックスを6つに厳選して紹介します!

スプレーワックスの使い方や塗る頻度など、よくある疑問も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • スノボ・スキー用のスプレーワックスとは?
  • スノボ・スキーにおすすめなスプレーワックス6選
  • スプレーワックスのよくある質問
記事の内容

スノボ・スキー用のスプレーワックスとは?

スプレーワックスをスノーボードのソール面に塗り伸ばす
出典:「楽天市場

スプレーワックスとは、ホットワックスのようにアイロンを当てるタイプとは違い、スプレーして滑走性をあげるワックスの事です。

ちなみに、初心者の人が楽して使いたいだけのワックスではありません!ホットワックスとは違い工程が少ないため、その日の雪質や天気に応じて、ワックスを使い分けられるのがスプレーワックスのメリットでもあります。

スプレーワックスのメリット

冒頭でメリットを簡単に説明しましたが、スプレーワックスのメリットは以下があります。

  • ホットワックスのように技術が要らない
  • 短時間でワックスがけができる
  • その日の雪質や天気などコンディションに合わせることができる(雪質に合わせたワックスの場合)

スプレーワックスのデメリット

ただし、スプレーワックスにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

  • ワックスが長持ちしない
  • 早いと半日程度で滑走性能が低下する
  • 継ぎ足しでワックスを塗らないといけない

以上、スプレーワックスのメリット・デメリットを紹介しましたが、ワックス初心者にとっては、技術が要らず気軽にワックスがけできるのが最大のメリットです!

それでは、そんなスプレーワックスについて、以下でおすすめを紹介しましょう!

スノボ・スキーにおすすめなスプレーワックス6選

僕がおすすめするスプレーワックスは、以下の6つです。

  1. 【GALLIUM(ガリウム)】GENERALシリーズ
  2. 【HIMASS MANIA(ハイマスマニア)】SNOW WAX
  3. 【GALLIUM(ガリウム)】Strong Liquid
  4. 【TOKO WAX(トコワックス)】エクスプレス レーシングスプレー
  5. 【swix(スウィックス)】XF0220J
  6. 【zardoz(ザードス)】NotWax(ノットワックス)

それでは、以下でそれぞれについて、くわしく解説します。

GENERALシリーズ【GALLIUM(ガリウム)】

ガリウムは、スプレーワックスのブランドではおそらく一番有名。そのなかでも、GENERALシリーズはエントリーモデルで初心者でも扱いやすいのがポイントです。

ガリウムの数あるワックスのなかでも、GENERALシリーズは全雪質に対応しておりオールランドに使うことができるのが、初心者には嬉しいポイントです。

GENERALシリーズには、スプレーワックスのみの単品での取り扱いと、クリーナーなどがセットになっているものがあります。初めてスプレーワックスを使うのならセットがおすすめです。

GENERAL・F220(220ml)

GENERAL・F Set

SNOW WAX【HIMASS MANIA(ハイマスマニア)】

ハイマスマニアは実店舗を持たずに、オンライン通販でのみ展開している日本のスノーボード用品ブランドです。ここからもスプレーワックスが展開されています。

ハイマスマニアのSNOW WAXには、「全雪質用」「湿っぽい雪質用」「汚れた雪質用」の3種類があり、最初に買うなら全雪質用がおすすめです。

ちなみに、春の雪はほんとに汚れて滑りづらい。
「汚れた雪用」は、今シーズン試してみたいですね~

SNOW WAX

【GALLIUM(ガリウム)】Strong Liquid

次は「Strong Liquid」です。こちらも有名なガリウムから展開されているもの。

先に紹介したGENERALシリーズは全雪質用のオールラウンドモデルでしたが、Strong Liquidは春シーズンにおすすめなスプレーワックスです。

湿雪やザラメ雪によく効き、特に春先の汚れた雪や、黄砂時におすすめです。

Strong Liquid

メーカーのガリウムから、Strong Liquidの使い方動画もアップされているので、ぜひ確認してみましょう。

【TOKO WAX(トコワックス)】エクスプレス レーシングスプレー

トコワックスは、1916年に創業し100年以上の続いているスイスの伝統ブランドです。

そのなかでも「エクスプレスレーシングスプレー」を僕は愛用しています。ワックス初心者には嬉しく、湿った雪、汚れた雪、パウダー等どんな雪質で滑るオールランドな万能ワックスです。

エクスプレスレーシングスプレー

【swix(スウィックス)】XF0220J

スウィックスは、1946年にスウェーデンで創業し、こちらもトコワックスと同じく歴史ある伝統ブランドです。

ソールに汚れがある時は、塗ってすぐに拭き取ることでクリーニング効果も得られます。これ1本でクリーニング&ワックスがけの両方ができてしまう優れものです。

こちらもワックス初心者には嬉しく、全雪質対応のオールラウンドモデルです!

XF0220J

【zardoz(ザードス)】NotWax(ノットワックス)

さいごにご紹介するのは「NotWax」です!

厳密にいうとスプレーワックスではないのですが、とても良いワックスなので紹介させてください。NotWaxはスプレーワックスと同じく液体ワックスになります。

こちらも全雪質で使えるオールラウンドモデルです。とくに春シーズンほど効果を発揮するので、春のザラメ雪のときに重宝しています。

一番のおすすめポイントは、ポケットにも入るくらいの大きさで携帯にも便利なところ!

スプレーワックスのデメリットは、ワックスが落ちてしまいやすいところなのですが、NotWaxであればポケットに入れておけるので、当日の休憩時にもワックスがけ可能なのが嬉しいですね。

NotWax

スプレーワックスのよくある質問

ここまで、スプレーワックスのおすすめを紹介してきましたが、スノボにおけるスプレーワックスについて、「よくある質問・疑問」をまとめてみました。

スプレーワックスの利用を検討するにあたって、ぜひ参考にしてみてください。

スプレーワックスは単品とセットどちらを買うべき?

はじめてワックスを買うのであればセット品がおすすめです。

以下でスプレーワックスの使い方を説明しますが、基本的にワックスがけは、クリーニング→ワックスがけ→ブラッシングが一連の流れになります。

クリーニングとブラッシングは、より滑走性能を高めるためには必須です。スノボ用のクリーナーやブラシを持っていない方はセット品を購入するようにしましょう。

セット品のおすすめなら!

スプレーワックスの使い方は?

以下がワックスがけにおける一連の流れになります。

STEP
クリーナーを使って古いワックスや汚れを落とす
STEP
固形ワックスを生塗りする

※固形ワックスがない場合は省略してもOKです。

STEP
スプレーワックスを薄く塗る
STEP
コルクで伸ばす
STEP
ブラッシング

基本的には、スプレーワックスだけで使うものではなく、クリーニングからブラッシングをすることで、本当の滑走性能を発揮することができます!

スプレーワックスブランドのガリウムさんが分かりやすい動画をアップしてくれているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

スプレーワックスの使い方

クリーニング&ワックスの使い方

スプレーワックスは重ね塗りしても良いの?

ワックス初心者のよくある間違いですが、重ね塗りはNGです!

実はワックスは薄く塗られているときが一番効果を発揮します。そのため重ね塗りをしてしまうと、ワックスの膜が厚くなってしまい、むしろ雪が引っかかり抵抗になることで滑りにくくなります。

ワックスも落ちやすくなってしまうので、重ね塗りはしないようにしましょう。

ホットワックスはせずにスプレーワックスだけでも良いの?

初心者であれば、簡易的なスプレーワックスだけでも十分です。

じつはスノーボードが滑らなくなる最大の理由は汚れ。汚れを落とすだけでもスノーボードが滑るようになるためです!

スプレーワックスには、ワックスを液状化させるためにリムーバー(クリーナー)と同じ成分が入っているそうで、同時に汚れを落とすことができるため、これだけでもある程度滑るようになります。

そのため、本格的に滑走性能を求めるのであればホットワックスも行うべきですが、普通に滑るようになれば十分ということであればスプレーワックスだけでも問題ありません!

スプレーワックスを塗るタイミングは?

大きく分けて3回あります。「買ってすぐ」「滑る前」「シーズンが終わる頃」の3つです。

買ったばかりスノーボードは、実はワックスがけがされていないことが多いため、保管に向けてワックスがけをしておきましょう。ワックスがけすることで板の乾燥、エッジの錆びを防ぐこともできます。

また、1回滑るとスプレーワックスは取れてしまうので、つぎに滑る前はワックスがけを行いましょう。ちなみに滑る前の塗るタイミングはいつでもOKです。前日であろうが、1週間前であろうが効果は変わりません!より滑走性を求めるのなら当日や前日がおすすめです。雪質や状況によって塗るワックスが異なるためですね。

そして、さいごはシーズン終わりにも必ずワックスがけをしておきましょう。スノーボードを買ったときと同様に、ワックスがけすることで板の乾燥、エッジの錆びを防いでおきましょう!

【まとめ】スノボ・スキーにはスプレーワックスがおすすめ!

以上、スプレーワックスについてのご紹介でした!

スノボ・スキーでワックスを使うのなら、スプレーワックスは簡易的でおすすめです。スプレーワックスは楽して初心者が使うだけではなく、その日の気温や雪質に合わせて使うことができたりと、ホットワックスにはないメリットがあります。

板はワックスを塗らないと、ほんとにストッパーがかかったかのように滑らなくなりますので、ぜひ試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事の内容