【超簡単】スキー場のリフト券を安く買う3つの方法

スキー場のリフト券を安く買う方法は無いかな?

できれば安く手に入れたいよね。

このような疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、10年以上スキー場に通っており、今回ご紹介する方法を使ってお得にスノボをしています。

そんな僕が、リフト券を安く買う方法を3つご紹介したいと思います。

どれも超簡単にできることなので、ぜひ参考にしてみてください。

リフト券を1枚あたり1,000~2,000円くらい安く買うことができますよ!

記事の内容

スキー場のリフト券を安く買う3つの方法

結論から言うと、以下の3つです。

  1. Webサイト『SURF&SNOW』で早割リフト券を買う
  2. スキー場近くのコンビニでリフト券を買う
  3. スキー場近くの飲食店やお土産屋で割引券をゲットする

それでは、以下で具体的に解説しますね。

方法①:Webサイト『SURF&SNOW』で早割リフト券を買う

出典:『SURF&SNOW

スキー場の情報まとめサイトで有名な『SURF&SNOW』ですが、実は各スキー場の早割リフト券をこちらから買うことができます。

購入方法は簡単で、以下の4ステップのみ。(5分もあれば早割リフト券を購入できます。

早割リフト券の購入方法
  1. SURF&SNOWのリフト券販売ページ」へアクセス
  2. エリアを選ぶ」から、行きたいスキー場を選択
  3. 早割商品を購入する」をタップ
  4. 案内に沿って購入へ

ちなみに会員登録がありますが、特に登録をしなくても購入可能です。

早割リフト券なら、1枚あたり1,000~2,000円はお得にゲット可能。

ただし、「早割」というだけあって、11~12月の内に売り切れになってしまうので、なるべく早い時期に購入しましょう!

購入後の払い戻しはできないため、そこだけ注意してください!

方法②:コンビニでリフト券を買う

こちらは自家用車もしくはレンタカーでスキー場に行く人でないと難しいかもしれませんが、コンビニでリフト券を安く買うことが可能です。

理由としては、コンビニが各スキー場から早割リフト券を仕入れており、それを販売していることが多いからです。

コンビニで買えば、大体1,000円くらいはお得に買えます。

コンビニで売っているリフト券は、シーズン中でも潤沢に販売していることが多いのです。

最寄りのICを降りたら、スキー場の向かう途中で是非コンビニに立ち寄ってみてください。

方法①と違って、当日に買うことができるので、余分に買い過ぎてしまう心配もないですよ!

方法③:スキー場に向かう飲食店やお土産屋で割引券をゲットする

スキー場に向かう途中に大体は飲食店やお土産屋があると思いますが、実はリフト券の「割引券」が置いてあったりします。

そのため、お店に寄り道した際には、レジ前に割引券が置いていないかチェックしてみましょう。

この割引券をゲットして、スキー場のリフト券売り場で割引券を見せれば、普通に買うよりは安く買うことが可能です。

番外編:ふるさと納税の返礼品でリフト券をゲットする

これは確定申告を行うなどハードルが高いのと、そもそも行けるスキー場が限られているので番外編としました。

とはいえ、「ふるさと納税」を使えば実質無料でリフト券をゲットすることが可能なので、ふるさと納税で検索してみると良いでしょう。

できる限り節約して、スノボライフを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事の内容